イベント備忘録

セトリと感想の覚書

仙台のアイドルユニットとヨコハマ一の名探偵の話

このエントリはWUG Advent Calender の12日目(12日目に投稿されるとは言ってない)のコンテンツです。

adventar.org


21日目にも1件寄稿してるのですが、

向こうでは大真面目にWUGの話をしたので

ここでは趣味全力全開の話をしたいと思います。

 

WUGの今年の大きなトピックとして、

アニソンアーティストMay'nさんとの

コラボシングル発売がありました。

色々な業界に愛され、楽天イーグルス
東北イオンとのコラボもしている我らが
Wake Up, Girls!

そんな中、大々的にではないがジワジワと
交流が深くなっているユニットが
有ることに皆さんお気づきでしょうか?

そう。ミルキィホームズです。


「まきまきドリルのバーチャルアイドル、マキナX! アイドルは必要ですか?」
のキャッチフレーズでお馴染み?の新章に波乱を
起こしているVドル、マキナX役は三森すずこさんが
務めています。

ファミリー……マフィアか?


三森すずこさんと言えばμ'sの……ではなく、
探偵アニメ、ミルキィホームズのピンクこと
シャーロック・シェリンフォードです。



先日、ブシロードの新作アプリゲーム内の
ユニット「ヴァイオレットチャーム」の一人に
まゆしぃが抜擢されました。

 ユニットの中には佐々木未来さんがいます。
彼女といえばペンギンアイドル、PPPの
センター……ではなく、同じくミルキィ
緑担当、エルキュール・バートンです。

まるでお互いのユニットのセンターを
交換して出張しているような配役です。


声のお仕事だけでなく、直近では
今年の11月のANIMAX MUSIX YOKOHAMAでも
11人でのスペシャルコラボがありました。

 





そんなわけで2017年に来て急接近

しつつある2ユニット。
今回はWUGもミルキィも大好きな僕が
記憶している限りで、グループが交差した瞬間と
イベントの内容を軽く回顧しながら
その軌跡を追っていきたいと思います。

 

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

1.エリーを探せ! ミルキィホームズ
声優オーディションツアー

時系列順で行くとまずここからでしょうか。

ミルキィホームズのメンバーの内、
エルキュール役は全国で行われた
オーディションから決定されました。

役を射止めたのは佐々木未来さんですが、
よっぴーがこのオーディションを
受けていたことは有名ですね。
ソロイベント2017の一人芝居を通して
当時のエピソードを語ってくれました。

 

f:id:nn7049:20171227002124j:plain
2014年発売のリスアニ!の一文
ここが初出かはちょっと自信ないですが


2.アニ×ワラ 2015 WINTER 2015/12/26

 吉岡オタクにはお馴染み、お笑いと
アニメが融合したイベント、アニワラ。
今から2年前の公演が2つのユニットの
メンバーが初共演したイベントでした。
アニサマの別日参加は除く)


この時は佐々木さんとまゆしぃで
コントに笑わずに耐えるコーナー(うろ覚え)
で共演しました。

まゆしぃソロのタチアガレが見れた
希少なイベントだったりします。

3.青山吉能伊藤彩沙(+みゅー)


フェザーズというミルキィの
姉妹ユニットメンバーの伊藤彩沙さん。

 二人は同い年、大学生、上京組なんかの
共通点があって仲良くなったんでしょうかね。


この日は舞台 クォンタムドールズの公演があり、

澁谷梓希さんや茜屋日海夏さん等のi✩Risメンバーも

役者として出ていたので、それで観劇していたと思われます。

公演後に写真を撮っていてミルキィとWUG両方好き界隈は
めっっちゃ湧いておりました。

 

同年の大晦日、ミルキィホームズFCの年忘れイベントに

お呼ばれして同い年つながりか、美佑も一緒に

写ったりしてます。

その時のブログはこちら

ameblo.jp


余談ですが、伊藤彩沙さんが射止めた明神川アリス役の

オーディション、その6人のファイナリストの中には
Run Girls, Run!もっちーこと森嶋優花さんが

居たことは先日話題になりました。


4.ライブダム presents あけおめ!ことよろ! New Year's Party 2016!! 2016/01/30

今はすっかりやらなくなってしまった
ライブダムカンパニーのイベント。
時期的に上のアニワラの直後でしたが、
ここでまゆしぃがミルキィホームズの楽曲、
雨上がりのミライ」をカバー。
(おはよーおはよー のヤツではない)

佐々木さんと共演したリスペクトで1曲、
知っていたのがこの曲だったとのこと。
(あまりの不意打ちで連番とバケモノ
みたいに高まってしまった)

まゆみにゃ2人のOur Steady Boy
コバタツとトリオでフリ完璧のアガペー
極スマ、等々とんでもないイベントでした。

 

ameblo.jp
5.Nendoroid 10th Anniversary Live 2016/02/06


ねんどろいど誕生10周年のアニバーサリー
イベントが何でライブ?ってのは置いといて、
フルメンバーでの共演イベントはここが初。
紛うこと無き神イベでした。

このイベントはMay'nさんがWUGを知った
切っ掛けとしても度々話題に上がりますね。
実はWUGとミルキィの関係もここが開始点で、
特異点と言うべきイベントでした。

幻と化していたWUGのハレ晴レカバーが
突如披露されて大きな話題となりました。



6.みるくらりあっと Vol.8 ~続・MOE BREAK 2000~【OSAKA】 2016/02/07

f:id:nn7049:20171227004444j:plain


で、大盛り上がりだったねんどろライブの
すぐ翌日、みるらり大阪で2日連続の共演です。
ミルキィホームズからは佐々木未来・
徳井青空の2名が参加)

これまた後世に語り継ぎたい神イベ。
WUGとは別枠でハッカドールとしてもキャスティング。
そして今では幻となっている
セブンティーンクライシスとプラチナサンライズを2ndTOURぶりに披露!!!!!!!!
セトリ考えたヤツ出てこい。



7.アニ×ワラ Vol.5 2016/05/07

関西出身まゆしぃとお笑いの親和性に
目をつけたのかどうかは知らないが、
再びまゆしぃピン出演。

 (アニワラのアンケートにしつこく
毎回WUGを出せと書き続けてた)

佐々木さんの方はと言うと、よしもとの劇場に
足を運ぶ程のお笑い好き。こちらも定番メンバーに。
この時は三森さんも出演。

f:id:nn7049:20171227005636j:plain


この時はミルキィコンビだったので絡みはなし。

まゆしぃはエブリングちゃん達とコントをしました。

 

これまた希少なまゆしぃ単独極スマを
披露していました。

 

ここからちょっと間が空きます。


8.アニマ大阪 2017/01/14

年を跨いで本年2017。
大阪で毎年恒例のANIMAX MUSIXが開催。
フルメンバーでの共演です。

 
これもまたすごいイベントで、何と言っても
聖地アニメコーナー。
「仙台」のアニメとして披露されるタチアガレ!、
そしてまさか2017年に現場で花ハ踊レヤいろはにほ
見れるとは。
高まりすぎて記憶がほぼ残ってないのが辛い。

ミルキィの方は聖地「横浜(ヨコハマ)」として
ピックアップされていました。

 ミルキィ×i✩Risのコラボも。惜しい。


9.ソロイベント2017 吉能公演「ただいま、おかえり。」2017/03/18

冒頭にも書きましたが、よぴが一人芝居の中で

オーディションで褒められるものの、

年齢と九州在住であることを理由に進めなかった

エピソードが語られました。

その後のライブパートでは、ミルキィ1期主題歌、

正解はひとつ!じゃない!!を披露。

(これは おはよーおはよー の弾幕のやつ)

 

10.アニュータ記者発表会

ワグナーにはもうお馴染み、アニソンの

サブスクリプションサービス、ANiUTaの

記者発表で両グループのセンターが並びました。

news.livedoor.com


11.アニ×ワラ Vol.7 2016/06/10

そして再びのアニワラ。

f:id:nn7049:20171227011318j:plain

名前の配色ガバガバすぎだろ

今回はまゆしぃぼっちじゃない!なんと!4人!
4人…?なぜ…?


ミルキィの桃黄緑青の4色に揃えて敢えて
4人だったと巷では言われてますね。
WUGにピンクはいないので赤、青は水色の方が
近いのでよぴになったという感じでしょうか。

この日は4vs4で対決?なパートもあり、

Wake Up, Girls!ミルキィホームズ
殆ど接点の無かった2つのコンテンツが
数々のイベントを経て、ついに繋がりました。

WUGがオフィシャルに
ミルキィと邂逅した記念すべき日です。


公演内容も楽しかったんですが、何よりも
この終演後の2ショット写真達。

 

実はこの2人、干支が同じ

 

ameblo.jp

f:id:nn7049:20171227012036j:plain

徳井さんがコミュ障を発揮してしまったのか
ツイッターでは触れられてないので
みにゃの記事より

 

ameblo.jp

f:id:nn7049:20171227012431j:plain
佐々木さんとかやたんは
・緑担当・岩手出身 ・同い年
・3月産まれ(1日と31日!)
共通点がメチャクチャ多いとかねてより
一部界隈で囁かれてました

 f:id:nn7049:20171227012602j:plain

僕のイベンターライフの9割くらいが
凝縮された至高にして究極の2ショット

もうエモすぎてエモすぎて、家でツイッター
眺めながら涙目になってました。

というかこの記事を編集しながら尊みで辛くなってる



12.アニサマ2017 Day3 2017/8/28

夏の祭典、アニメロサマーライブ。
偶然か、宿命か。3日目に共演となりました。

 
昨年はTOURの日程でパスでしたが今年は
ついにSSA、もといアイワンアリーナでの
Beyond the Bottomを再現しました。

シークレットでただのファンことMay'nさんと
一緒にワンビリを披露しました。

この日は特にコラボなどは無し。
けっこう期待してたんですが。



13.アニメNEXT_100

コラボとかとはちょっと違いますが参加メンバーに
WUGと三森さんが含まれています。

f:id:nn7049:20171227013458j:plain



14.アニマ横浜 2017/11/23

そして冒頭の話に戻りまして、アニマヨコハマ。
再び相まみえる両ユニット。
この日はついに、とうとう、いよいよ
2ユニットがコラボして
ゆりゆららららゆるゆり大事件をカバーしました。

アニワラの時はWUGがフルメンバーでは
ありませんでしたが、ついに全員集合!

 


感無量。

15.アニメJAM 2017
これはWUGxミルキィではないですが、
佐々木未来さんがけものフレンズのPPPとして
参加していました。

 

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

もしかしたら忘れてたり、ラジオや雑誌、
ネットでのインタビューでの言及などは
拾えてませんが、思い出せる限りで以上です。

アプリゲーム内での共演なんかはカウントしてません。

ところどころミルキィというか、

メンバーソロや別グルーブの活動も

混ざってますがこまけぇこたぁいいんだよ。

 



こう振り返ってみると二者の馴れ初め、
というか関係の終始にアニxワラが大きく
影響しています。

主催の天津向には本当に感謝せざるを得ない、

まっこと腹立たしいが。次も宜しく。

というわけで冒頭に書いた通り、どんどん
関係が深まっていってる2ユニット。


今年は共演フェスが本当に多かったので、

気になってたりするワグナー諸兄も多かったり

すると嬉しい…んですが。

 

ますます関係が深くなっていって、いずれは

わぐりすみたいな対バンイベント………、

開かれたらいいなぁ~~~~

頼むわぐらぶ、ホームズ探偵学院。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、完全自己満振り返り記事でした。

ミルキィ現場もむちゃくちゃ楽しいから

チャンスがあったら是非お越しください~~~

 

Wake Up, Girls !とミルキィホームズ

明日はどっちだ!

 

2017の総括・*・:≡( ε:)

パンチラで炎上したアイドルアニメを気まぐれで観たらドハマリしてぼちぼち4年が経とうとしています。

たまたまチケットが当たった「イベント、やらせてください!」で

ハイパーリンクを目の当たりにした時、イベンターライフが幕を開けたのでした。

続きを読む

アニメJAM 2016 POPステージ

12/11(日)幕張メッセ展示ホール5

 

毎年恒例となったのか、3度目の開催のアニメJAM。去年はブシロードライブと被ったので不参加だったため久しぶり。アニメのジャンルで男女別になってるけど当然POPステージのみの参加。

 

01.灼熱スイッチ

02.はなまるぴっぴはよいこだけ

03.BLOODRED

04.Redo

 

クイズコーナー

 

生朗読

トリニティセブン

・リゼロ

 

05.ちょちょちょ!ゆるゆり☆かぷりっちょ!!!

06.ゆりゆららららゆるゆり大事件

07.Paradisus-Paradoxum

08.Seven Doors

09.Last Proof

10.Ready smile!!

11.Goin'on

12.Belief

13.僕らのフロンティア

14.タチアガレ!(with May'n)

15.少女交響曲

 
f:id:nn7049:20170314093250j:image

レポ記事(http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1482550179

キャストもこれだけ集まると壮観。

詳しい内容は記事内にありますが、クイズコーナーのわちゃつきがもう…。記憶が確かならチームゆるゆりとチームプリパラ(というかi☆Ris)が終始大アバレ。まぁこういう場では目立ち得といえばそうかもしれないけどね…。我らチームWake Up, Girls!は何とか愛理が一矢報いたとはいえ、いつも通りお淑やか、もとい大人しくしていました。今回は男性キャストはハンドレッド:長谷川とトリニティセブン:松岡の2人で相変わらず肩身狭そうで哀悼。

朗読パートは個人的にどうでもいいタイトルだったので流し聞きでしたが、水瀬いのりさんが例の脅迫で出演辞退のためリゼロは大幅に内容を変更したのか、ベテルギウス役松岡を引っ張り出してカオスな事になってました。

 

ライブパートは想像以上に盛り沢山でした。確認してみると一昨年もけっこう曲数ありましたね。(ついこういうアニメフェスって曲数は少なくなりがちなイメージが付き纏ってしまう)

女性向けのROCKステージでもないのに、おそ松のはなまるぴっぴを1曲歌って帰ったえおぴは何者なんだよ。

Seven DoorsやBelief、Redoなどなど盛り上がる曲も多くて楽しめました。D-selectionsはこのメンバーはここが見納めかなぁ。そしてWake Up, Girls!はトリ、3曲(コラボありだけど)でこのイベントの主役が誰かを見せつけました。

 

盛り沢山でこんなに楽しかったっけ?と首を傾げてしまった。WUGフェスの前座ではあるんですけど。JTBチケットでそこそこ良い席だったのもあるかも。

 

ESD2周年ライブ&谷尻まりあ生誕祭

12/10(土)ディファ有明

 

この日がやってきました。アース・スタードリーム2周年。去年(今年?)に「とってもサファリ」で興味を持ちてーきゅう楽曲を歌うアイドル、ということで誘われて行った現場で「ディファでやります!1000人埋めます!」と意気込んでいたので、その結末を見届けるために馳せ参じました。

直前に出たカバーシングル「君色に染まる。」が突き刺さったのもあってリリイベなんかにもちょいちょい顔を出していたのでモチベも十分。(実際は翌日のWUGで内心ソワソワしてたけど)

 

セトリは全曲だったのでカット♡

 

なんというか、ディファ有明、デカイ。まりあんぬ生誕時点では正直ガラガラ。オルスタではあるが全く人が足りていない。喩えるなら、体育の授業の時の体育館みたいな?すごい空間が広大な感じが…

この直前にディファに来たのはアニソンクラブvol.3とかだったが、その時は

「(vol.1の)豊洲PITと比べると流石にディファ小さいな~」

「あんときはガラガラだったからこれが丁度いいくらいか」

なんて会話をしたことを憶えているので、なんというかちょっとビックリ。

 

んでもって本編もとい二部。

衣装、かわいいですねぇ〜。後頭部のヴェールが正面からだと羽のように見えたのが個人的ポイント。


f:id:nn7049:20170223073439j:image

曲はここ1ヶ月ほど通った現場でほぼ拾えていたのでやや満足してしまっていたのですが、これまでの集大成感がありました。黄緑メンバーの新井田、改め海月いづみさんも本日は復活。

生バンド演奏は嬉しいサプライズ。新曲のダイアモンドプライドがカッコイイ曲だったのでバンドがとても映えていました。

 

印象深かったのがラスト付近のMC。ちょっと憶えてないけど、チケットは売れていたものの入場者数は1000人に満たなかったことを宣言し、そして3周年ライブを再びディファで行いリベンジする事を誓っていました。

来年ならガッツリこの会場を埋められるんじゃないでしょうか。見た感じいつものドリーマーの皆様withピンチケ、に紛れて相当数の関係者?というかメンバーの友達?のような人々を見ました。

別にサクラとは思いませんけど、来年はドリーマーで一杯になってほしいですね。僕は外様ですけど微力ながら応援したいと思います。

コードギアス キセキの記念日

11/27(日)舞浜アンフィ

舞浜での昼夜二部イベントでしたが、当たらず。チケットの市場相場も非常に高いため(3万くらい)池袋HUMAXのライブビューイングにて。最前の通路脇、という映画館でやるライビュに全く向かない席でした、連番各位すまない。ちょっと見づらかったり首が痛くなったりはしたものの遮るものは無いし自由に身動き(主に足)出来たりと悪くはなかったけど。

 

開幕はALI PROJECTの勇侠青春謳から。そこから総合司会のジェレミア役の成田剣氏が進めていき、「"暗号"のヒントを探す」という体で本編の振り返り。1期の各シーンをC.C.役・ゆかな、スザク役・櫻井孝宏、カレン役・小清水亜美の3名で朗読していきます。

散々何度も見ているのもあって、今回は特に見返しては行かなかったのですが、「シャーリーと銃口」「血染めのユフィ」のシーンでもう涙ポロポロ。

R2に入りルルーシュ役・福山潤も登壇。1期ラストの所の掛け合いの熱演は凄かったです。そこから佳境に向かっていく「過去からの刺客」。

余談ですが、当時は復讐に駆られたジェレミアがシャーリーを手にかけるものだと思っていたので、ボロッボロに泣きながらロロに呪詛をかけていました、懐かしい。

V.V.討伐とか土の味なんか挟みつつクライマックス。ロロが死ぬときでもやっぱり涙ポロポロ。終わった後の飲みの席でも話題になったけど、谷口監督はメインキャラの「死」の使い方が本当に上手ですね。まぁ概ね号泣します。

ラストは諸々飛ばしてゼロレクイエムのシーンに。主人公が罪のシンボルとして死ぬ。この結末のドラマチックさには当時すごく感銘を受けました。あそこまでの人気を博しながらルルーシュという存在を殺す。

「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけ」

コードギアスを象徴する最高の締め括りだと思います。故に今回の発表の釈然としなさがあるのだが……。

 

トークを挟み「1日だけルルーシュが復活する日」という"嘘"を吐きcontinued storyで一度〆。正直ここで終わってくれたら感動とコードギアス愛を再確認できた神イベで終わったんだけどなあ(まぁクレジットされてる谷口・大河内が出てないってのは気づいてたけど何かの勘違いと思うことにした)

 

そして満を持して監督・脚本のコンビが登壇。そして発表。「コードギアス 復活のルルーシュ」続編の噂はネットで囁かれていましたが、まさかここまで直球とは。

 

言いたい事は本当に多すぎて、列挙したらキリが無さそう。今は黙して待つしかないでしょう。谷口・大河内コンビは健在で、わざわざイベントで顔を見せてまで所信表明したからには策があると信じます。それにしてもあの終幕から納得できる続編が作れるのか……うーむ。

(なんか劇場版ストライクウィッチーズが脳裏を過ぎる)

 

ただの昔日を惜しむイベントに終わらず、凄まじい波乱の日でした。不安はあるものの今後の楽しみが増えたとも言える。

果たして……

洗足音大学祭 WUGミニライブ

11/12(土)洗足学園音楽大学 学祭(溝ノ口駅)

 

 

バイト入れなかった、なんていう消極的な理由で暇だったので流石に行くべきと思って参加。ほんとにモチベ低い時はトコトン低いですねワテクシ。結果としては行って良かったんですが。

 

01.僕らのフロンティア

02.タイトロープ ラナウェイ

03.Outlander Rahpsody

04.ワグ・ズーズー

05.タチアガレ!

 

セトリはまぁ予想に1曲も違わぬ、まぁそうだろうなという内容。発売直前の3曲にミニイベントでしかお目にかかれないズーズー、お約束のタチアガレ。

まぁけっこう人多くて詰め詰めしてたのであんま良くは見えなかったんですが、後ろの方は広かったので跳ねたり踊ったりしてました。

勢いで生きてるのでMCとかよく覚えてないですけど、ORでまゆしぃだけ振りがキレッキレ(それが正しい(永野氏談))とか、Festa Winter2016まで1ヶ月切ったね〜とか。

来る12月までウォームアップには丁度良かったので行って良かったです。

事前予約で整理番号が配られてて、やってなかったので当日後ろからワンチャンで行こうとしてた中で、メールの譲渡を申し出てくれた友人に各位に感謝を。結局そのままはいれちゃったけど

BLAZING SONIC 2016最高!…?

11/6(日)新宿ReNY 昼夜二部

 

割りと待ちに待った感のあるイベント。10月はお渡しくらいしか行ってなかったと思うので、久々にワグメンバーの歌唱を見る気がします。

 

01.BLOODRED/D-selections

02.Valuable Future/D-selections

03.昼:世界をもっと近くに/山村響

      夜:Plastic shoes/山村響

04.昼:Successfull Mission/山村響

      夜:Knock Knock Map Map/山村響

05.カレイドスコープラネット/高野麻里佳

06.昼:Reset (大神ED)/高野麻里佳

      夜:なし

07.バーストフィニッシュ/小林竜之

08.昼:chase for dream/小林竜之

      夜:ENDLESS NOVA/小林竜之

 

カバー

09.ナイショの話/田中美海高野麻里佳

10.ETERNAL BLAZE/小林竜之若井友希

11.Sinfonietta/山村響吉岡茉祐

12.逆行のフリューゲル/青山吉能澁谷梓希

 

13.OnexOne/美海・茉祐

14.STAR LIGHT/美海茉祐

15.空色デイズ/全キャスト

 

うーん、ブレソニ最高!にはなれなかったですね。以前「DIVE-Ⅱフェスみたいなイベントを開催したい」みたいな話がラジオで出たりしてたので、発表時は期待したのですが、実際はWUGもi☆Risも揃わず、かとふくも解散してるわで。and more…なんて信用した事は一度たりとも無いんですが、ひびくもまりんかも完全に数合わせで、ほんと何これって感じでした。まりんか何しに来たねんお前ホンマ

まぁ全体の印象が良くないのは致し方ないとして。特筆すべきはカバーのエタブレと逆フリュ。ここは最高。水樹奈々最高(?)この2曲でまぁ溜飲は下りました。

コバタツの曲だと「夜ト光〜Light in the Night」が好きなんですけど今回は聴けず。そろそろ単独イベントとかやって欲しいですね。エタブレ原キーってどゆこと。

「OnexOne」とafter dark(仮)改めて「Star Light」、ノれる曲ですね〜ついに音源化。ちなみに僕は「Satellite」派でした、残念。見習いから社員に昇格したし新曲をお作りになっても宜しいのでは?

あと1人でクレジットされてる青山さんやら田中さんやらは特に個人で歌唱も無し。ここまでくると詐欺だなぁ。

 

フェスイベントと見ても、LDCイベントと見ても中途半端で、アーティスト登場演出だけ無駄に凝ってたのを思い返すと怒りとシュールさの笑いが込み上げてきますね。ハンドレッドとかあんハピイベは干したのでツアー以来のWUGコンテンツイベとして期待というか、純粋に楽しみにしてたのでガッカリだったな〜。おわり